読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本海のかに祭りがはじまったぜ! マリンドーム能生の浜汁まつりへ行こう

冬の日本海は荒波や吹き付ける海風の毎日ですが3月に入りようやく春の訪がやってきました。 なぜかというと日本海側で3月から解禁となるベニズワイガニが食べられるようになったからです! 暖かい日に静まり始めた日本海を見ながら家族でカニをむさぼって…

初心者でもチャンスあり! 親子連れで楽しめる富山湾のホタルイカ掬いへ行こう

今年もホタルイカのシーズンがやってきました。 神秘の生物ホタルイカ知ってますか? ホタルイカの身投げを知っていますか? ホタルイカ掬いの魅力を知っていますか? ホタルイカはスーパーなどで年中食べられるイカ類とは大きさが全く違い、まるでイカの子…

繭玉のいろ鮮やかさと布の優しい風合いに引き込まれてしまう 肥前えむかえ繭玉まつりへ行ってみよう。

長崎県佐世保の江迎地区では地域住民が町興しの目的で始めた繭玉づくりの輪が広がり、地元に根付いた繭玉まつりが毎年行われています。 祭りの中心は江迎町商店街で、祭り期間中各店の軒先に色とりどりの繭玉が愛らしく飾られています。 繭玉とは養蚕で蚕が…

淡嶋神社の雛祭(雛流し)へ行こう! 今年は桜鯛祭りも楽しんじゃおう!

和歌山県の淡路島神社をご存知ですか? この神社のご祭神である少彦名命と神功皇后のご神像はひな祭りの「男雛 女雛」の始まりとされ、3月3日には白木の船にひな人形を積んで流す流し雛が行われることから、全国から多くの女性が訪れるんです。 また、真鯛の…

今年もあの牡蠣の味が待ち遠しい。カキオコを食べにひなせかき祭へ行こう

広島といえばお好み焼き! 広島といえば牡蠣! じゃあ、一緒になったら「カキオコ!!」こんな最強の食べ物「カキオコ」をあなたはもう食べましたか? 牡蠣といえば広島ですが、今回紹介したいのは広島のお隣岡山県の日生(ひなせ)のカキです。岡山県は牡蠣…

東京から2時間 子供たちの笑顔があふれる軽井沢おもちゃ王国へ行こう

軽井沢というと夏の避暑地でちょっと高級感のあるセレブの街ってイメージがありますが、小さな子供を連れた家族連れでも思いっきり楽しめる場所もあるんですよ。今日は東京から電車なら2時間で行けちゃう自然豊かな「軽井沢おもちゃ王国」を紹介します。軽…

絶品の生マグロが無料で振る舞われるんですって!那智勝浦のまぐろ祭りへ行ってみよう。

今やマグロは世界で認められた人気の食材、日本人には最も好まれる魚ですね。そんなマグロの祭りがあるんです、しかも無料で提供されるマグロ料理が沢山!そんな祭りがあるなら行かない手はないですよね。場所は日本一の生マグロの水揚げを誇る和歌山県那智…

東京から親子で行ける氷上ワカサギ釣り場

「今年こそは氷上ワカサギ釣りを」と考えてる方も多いんじゃないでしょうか。年明けの1月、2月に気温が下がってくれることを願いましょう。 今日は東京から日帰りで行けて、親子で氷上ワカサギ釣りが楽しめる場所を紹介します。 氷上ワカサギ釣りが初めて…

氷上ワカサギ釣り初体験ならこんな道具が必要だよ

今日は氷上のワカサギ釣りについて実体験なども含めて紹介します。 // ワカサギ釣りは秋から始まり湖に氷が張る1月、2月の真冬も楽しめる数少ない釣りです。ワカサギは淡水魚でほとんどが湖に生息し、4月に羽化した稚魚は群れを作って泳ぎ、ミジンコやヨコ…

碓氷峠鉄道文化むらで3歳の息子と遊んだら峠の釜めしアイスにたどり着いた

私は今回遊びに行くまで「碓氷峠鉄道文化むら」を全く知りませんでした。むしろこの記事を書くためにいろいろ調べたことでわかったことの方が多いです。「碓氷峠鉄道文化むら」へ行こうと言い出したのは妻で、3歳の息子が楽しめる場所だと聞いていましたが…

新潟能生漁港で紅ズワイガニのサービスがすごい!これぞ押し売り!

冬の日本海といえば脂の乗った新鮮な魚介とカニが美味しいですよね、初冬の海の幸を味わいに行ってきました。場所は新潟県の糸魚川市にある能生漁港です。新潟の海沿いを走る国道8号線沿いにある道の駅「マリンドリーム能生」が今回の目的地です。曇り空で風…

夏の企画がいっぱいジンベイザメに会いにのとじま水族館へ行ってみよう

子供たちの夏休みが始まりました。お父さんお母さんだって暑さに負けているわけにはいきません!今年はまだ行くところが決まっていないなら水族館はどうでしょうか?しかもジンベイザメのいる水族館。ジンベイザメといえば沖縄の美ら海水族館が有名ですが日…