読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「水と光の祭典」天神祭のフィナーレを飾る奉納花火と船渡御を見に行こう

 

f:id:MossanJP:20150708223439j:plain

 

日本三大祭りの一つ大阪の天神祭が今年ももうすぐはじまりますね。
1000年以上の伝統の祭りには毎年130万人の観光客が訪れます。

7月24日の宵宮、7月25日の本宮と2日間にわたる天神祭のフィナーレを飾るのが大川に100隻の船を浮かべる船渡御とその頭上高く打ち上げられる奉納花火です。
大川に浮かぶ船には篝火や提灯がともされ、篝火や提灯の灯りと花火の色とりどりの光が川面に映し出されるさまはとても優美な光景で「水と光の祭典」とも呼ばれています。

 

 

開催日
 2016年7月25日(月)
 
時間
 19:00~21:00
 荒天の場合は中止

場所
 大阪市北区、桜之宮公園グランド、川崎公園(造幣局横)

 


花火は川崎公園と桜宮公園の2か所から打ち上げられます。
天神祭ならではの花火「紅梅」は必見です。
天神様(菅原道真)がこよなく梅を愛したことから天満宮の社紋には梅が使われることが多く、これにちなんで作られたのが梅鉢の形に開く紅梅というオリジナルの花火です。

 

鑑賞エリア
一番の鑑賞エリアは屋台もたくさん出ている桜之宮公園です。打ち上げ場所にも近いので迫力のある花火が楽しめます。
しかし、人気の観賞場所なので花火が打ちあがるころには移動するのも困難なくらい込み合います。場所取りも熾烈で、午後4時ごろには現地で場所を確保した方がいいですよ。
源八橋や桜宮橋など大川に架かる橋は18時頃から交通規制がかかります。
また川崎橋は18時より通行止めとなるので注意してください。


桜之宮公園とは川向の西岸でも鑑賞ポイントはいくつもあり、東岸よりは少しすいているかもしれません。
しかし西岸エリアは仕掛け花火が見にくいという難点もありますね。

 OAPタワー
  タワー内では有料の観覧席(芝生にレジャーシート)が用意されています。
  また、OAPタワー周辺なら無料で鑑賞することもできます。

 レジデンスタワー東側の公園
  打ち上げ場所に近いので人気の鑑賞ポイントです。
  公園内の階段に座ってみるようになります。
  こちらも場所取りが熾烈なので早めに出かけた方がいいでしょう。


桜の宮公園や源八橋の最寄駅であるJR桜ノ宮駅は大変混雑します。
駅の西口は大混雑するので、比較的広い東口へ行くほうがよいでしょう。
少し歩きますが天満橋駅やJR大阪城北詰駅にまで祭りの余韻に浸りながら歩く方がいいかもしれません。


・JR桜ノ宮駅
桜の宮公園や源八橋の最寄駅。

・京阪/地下鉄 天満橋駅
京都方面や中之島方面からのアクセスに良い駅。
船渡御の観覧席に最も近い駅でもある。

・JR大阪城北詰駅


路線図