読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

癒しのクラゲを見るならここ!新江ノ島水族館のイルカショーに子供も大喜び!!

f:id:MossanJP:20151016010626j:plain

新江ノ島水族館に行ったことはありますか?
江ノ島といえば海水浴やサーフィンなどの夏のイメージが強いですよね。
その江ノ島に「えのすい」と呼ばれて親しまれている水族館があるんです。
ゴールデンウィークや夏休み、シルバーウィークは家族連れでとても賑わっていますし、江ノ島という若者のデートスポットにふさわしく素敵な夜の水族館も楽しめるようにイベントがたくさん用意されていますよ。

 

 

施設情報

名称:新江ノ島水族館

住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1

電話:0466-29-9960

公式ホームページ:新江ノ島水族館

 

営業時間

 9時00分~20時00分
 日によって終了時間が変わりますのでホームページで確認してください。

 

入場料

 大人:2,100円
 高校生:1,500円
 中学生・小学生:1,000円
 幼児(3歳以上):600円
 


前売り券

 チケットは事前にローソンで前売りチケットを購入するとスムーズに入れます。

 

年間パスポート
 通常大人一人2100円の入場料がかかりますが、 年間パスポートを購入すると4000円!!
 2回行けば元取れますよ~
 同伴者も1割引き!

 

 

相模湾大水槽

 相模湾はイワシが多いことでも知られており、その相模湾を再現するために8000匹のイワシの大群が水槽の中を形を変えながら泳ぎ、時にはイワシのトルネードを見せてくれます。
 相模湾大水槽では「uogokoro(=うおゴコロ)」「フィンズ」という2つのショーが時間ごとにおこなわれています。
 1日2回実施され所要時間約15分です。観覧は無料ですが時間前には水槽の前にたくさんの人が座りだします。あらかじめ開催時間はチェックしておいて早めの場所取りをしましょう。

 

イルカショー

 えのすいのイルカショーはイルカショースタジアムという大きなプールで行われます。
 そしてショーには「きずな/kizuna」「ドルフェリア」の2種類があります。
 「きずな」はえのすいトリニータといわれる展示スタッフがイルカやアシカと息の合ったショーを見せてくれます。
 1日3~4回上演され、上演時間約20分です。観覧は無料です。

  もう一つの「ドルフェリア」はミュージカルを思わせる歌と踊りのショーになっています。
  このショーはえのすいで最も人気があり、いい場所を確保してみないと立ち見やさらに後ろから人の肩越しに見ることになります。
 ショーでは「アクアン」と呼ばれるかわいい衣装を着たおねえさんたちが音楽に合わせて踊り、歌います。もちろんイルカも一緒に踊ったり跳ねたりしますよ。
 このショーは土・日曜、祝日、GW・夏休み・年末年始に開催されます。
 1日2~3回上演され、上演時間約20分です。観覧は無料です。

イルカと握手
 かわいいイルカのショーを見た後に先着30名にイルカと握手するチャンスがありますよ!
 1つ気を付けていただきたいのは、えのすいでは4歳以上にならないとイルカと握手ができません。
 1日2~3回実施されます。所要時間約10分です。1人500円

 

ペングィーン!

 飼育員がペンギンにどれだけ迫れるかをテーマにした新プログラムが始まっています。
 ペンギンたちの飼育員がペンギンのかわいさを余すことなくお伝えしてくれますよ。
 毎日開催/1日2~3回実施/所要時間約15分/観覧無料

 

タッチプール

 新江ノ島水族館の目の前の海、相模湾や江ノ島の磯にすむ生きものに直接触れることができます。
 タッチプールの魚たちは季節によっても違うんですよ。水温の低い冬場はトラザメのような低い温度で生きる魚がいますが、夏場は水温が上がってしまうのでタッチプールから他の水槽に移されてしまうそうです。

 

クラゲ

 新江ノ島水族館は日本でも有数のクラゲ展示の水族館です。
 その数は50種類以上です。「クラゲファンタジーホール」や「クラゲサイエンス」などクラゲの見せ方もとても力を入れています。
 それから「クラゲヒーリングナイト」という1泊2日でクラゲの癒しをたっぷり堪能できるイベントも行っています。
 

世界初のシラスの展示

 湘南の名物釜揚げシラスやシラス丼は皆さんご存知ですよね。なんといっても新鮮なシラスは美味しい。
 でもシラスっていったい何ぞや?実はカタクチイワシの幼魚がシラスなんです。
 まだ全身透き通った生まれたてのシラスを展示しています。
 エサを食べるシラスを見たことありますか?食べたエサが体の中を通っているのさえ見えるんです。
 繁殖から生育まで何度も失敗を繰り返してようやく世界初のシラス展示ができるようになったそうです。
 シラス丼を食べる前に是非生きたシラスを見ていってください。

 

ウミガメタッチ

 アカウミガメとアオウミガメ、そしてタイマイの3種のウミガメを間近で観察できる「ウミガメの浜辺」
 先着20名に限りウミガメに餌をやったり甲羅にタッチすることができます。
 土曜・日曜・祝日に開催。参加費:500円。
 ウェルカムラウンジでチケットを販売しています。
 

 

アクセス

 小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅から徒歩3分
 東名高速道路厚木ICから国道129・134号経由で約24km(専用駐車場はなし)
 

 

駐車場

 新江ノ島水族館には専用の駐車場はありません。
 

 江ノ電駐車センター
 藤沢市片瀬海岸2-20-3
 新江ノ島水族館に一番近い駐車場です。
 正面奥が一番水族館に近いです。
 7月~8月のハイシーズンは30分:250円で、それ以外の季節であれば30分:200円になります。
 ただ、週末は大変混雑するので早朝から満車になることが多いです。
 
 片瀬海岸地下駐車場
 藤沢市片瀬海岸2丁目-19
 自走式地下2階 200台
 7月~8月のハイシーズンは30分:260円で、それ以外の季節であれば30分:200円になります。
 駐車場を出るとすぐに新江ノ島水族館でとても便利です
 
 湘南海岸公園 中部バス駐車場
 藤沢市片瀬海岸3-25-26
 新江ノ島水族館となりの駐車場。
 7月~8月のハイシーズンは30分:260円で、それ以外の季節であれば30分:210円になります。
  

まとめ

週末や連休はとにかく家族連れで混雑します。
都心からも1時間30分程度で行けますよ。