読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶品の生マグロが無料で振る舞われるんですって!那智勝浦のまぐろ祭りへ行ってみよう。

レジャー おすすめのお祭り

今やマグロは世界で認められた人気の食材、日本人には最も好まれる魚ですね。そんなマグロの祭りがあるんです、しかも無料で提供されるマグロ料理が沢山!そんな祭りがあるなら行かない手はないですよね。場所は日本一の生マグロの水揚げを誇る和歌山県那智勝浦、勝浦漁港です。

 

那智勝浦漁港 まぐろ祭り

開催場所:勝浦漁業協同組合魚市場

住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地

開催日:2017年1月28(土)

開催時間:09:00~12:00 

ホームページ

那智勝浦町観光協会

 

アクセス
車:阪和自動車道田辺ICより国道42号線南下約2時間30分
電車:JR紀伊勝浦駅下車徒歩5分

 

 

f:id:MossanJP:20160124211402p:plain


日本一のマグロの水揚げを誇る勝浦漁港とあって大変人気のあるマグロ祭りです。それはそうですよね、無料で生マグロが食べられるんですから。
2015年の人出は1万2千人だそうです。開始時間は8時ですが駐車場は1時間前には満車状態ですのでお出かけは早めの方がいいですね。
お祭りは人気のマグロ解体ショー、解体されたマグロのお刺身、中落ち、マグロのつみれが入ったマグロ汁、マグロの兜焼きなどなどマグロずくしです。
人気があるのでそれぞれ長蛇の列ができますが用意されているマグロの量も半端ありません、近隣の料亭やマグロ関連の板前さんたちがこぞって刺身づくりをされるそうなので生マグロのお刺身もしっかりいただけますよ。
無料の振る舞いだけではありません、びんちょうマグロ、キハダマグロメバチマグロが市価の3~5割引で販売されています。
祭りの常連さんは家族や親戚、お友達にと毎回大量に買っていかれます。観光で来られた方も是非お土産日購入してみてください。
会場内で販売されているマグロ丼も忘れてはいけません、びんちょうマグロの大トロ丼なんて絶品です。生マグロじゃないと味わえないねっとりとした食感はここでないと味わえません。

 

f:id:MossanJP:20160124211427p:plain


祭りは1月の最終週という事でとっても寒いです。でも勝浦には温泉が沢山あるのが旅の魅力なんですよね。勝浦漁港にも足湯がたくさんありますよ。
鮪乃湯(まぐろのゆ)、海乃湯(うみのゆ)、滝乃湯(たきのゆ)といずれも漁港周辺にあります。冷えた体をゆっくりと温めていってください。
足湯だけではありません、日帰り温泉もいろいろありますよ。勝浦温泉、湯川温泉などの日帰り浴場でお腹は満腹、体は極楽とゆっくり温泉に浸かるのもいいですね。