ダイナミックな桜の木の下をボートにのってデートしたい!千鳥ケ淵公園に満開の桜を見に行こう。

東京でお花見の名所と言えば上野公園や井の頭公園などなどたくさん有名な場所があります、日本人はやっぱり桜が好きですよね。
そんな有名どころがある中で今回は皇居周辺の千鳥ケ淵公園を中心とした桜の名所を紹介します。
千鳥ヶ淵と言えば千鳥ヶ淵緑道の桜並木はとても有名で満開の時期には桜より人の数のほうが多いのではないかというぐらい混雑します。
それでもお堀に垂れ下がるダイナミックなソメイヨシノは見るだけの価値はありますよ。
さらに皇居のお堀と言えばボートでゆっくりデートなんかも楽しめる極上のお花見スポットです。

 

f:id:MossanJP:20160221012703p:plain

 

見頃:3月下旬 ~ 4月上旬

住所:東京都千代田区麹町1-2から一番町2

問合せ:03-3556-0391

 

アクセス

 電車:東京メトロ東西線半蔵門線・都営新宿線九段下駅2出口から徒歩5分

 

 

皇居お堀の貸ボート

水面まで垂れ下がった桜の花をさらにその下から堪能できるのは水面をゆっくりと滑るボートならではの景色です。桜の散り際には花びらが一面に敷き詰められたような水面の美しさと絶景も人気です。
それだけにお花見の時期の貸ボートは大変に混雑し、待ち時間は数時間というのもめずらしくないんですよ。
千代田区のさくらまつりが行われている期間は9:30~20:00まで営業しています。おすすめは平日の昼間ですね、週末や夜桜の時間は本当に混んでいるので期待しない方がいいでしょう。
乗船料は30分で800円です。1時間ぐらいゆっくりとまわってみたいものですね。

 

 

f:id:MossanJP:20160221012735p:plain

桜の花がライトアップ

千代田区のさくらまつり期間中お堀端の桜はLED電球によるライトアップが行われています。LEDの白いライトで照らしだされた桜の花は夜空に浮き上がったようで素敵ですね。
さらにお堀の水面に反射する光が辺りを一層輝かせます。露店などがないので大人のカップルがゆっくりと桜を楽しむのには最適な演出です。

千鳥ケ淵公園(半蔵門公園)

千鳥ヶ淵の桜は緑道の桜並木だけではありません、千鳥ヶ淵公園にはソメイヨシノヤマザクラなどが170本以上植えられています。この公園では枝垂桜も数多く見ることができます。
千鳥ヶ淵公園ではシートを広げてお花見をする方も多いですね。緑道やお堀周辺ではシートを広げての花見はできませんが、千鳥ヶ淵公園ではシートの使用が許可されています。
ただ、大変混む場所ですので場所取りも早朝からになります、しかもシートだけの場所取りは禁止されていますので注意してください。

 

 

f:id:MossanJP:20160221012830p:plain

北の丸公園

東京メトロ半蔵門線九段下駅から北の丸方面へ進み田安門から入ると北の丸公園です。都内でも有数の桜の名所なのでお花見の時期は大勢の人が北の丸公園を目指します。
北の丸公園もシートを広げてのお花見ができます。美しい芝生の上で飲んだり食べたりしながら楽しくお花見ができます。昭和30年代に植栽されたソメイヨシノなど約330本植えられています。
北の丸公園側からお堀の対岸の千鳥ヶ淵の桜を眺めることができます。水面まで垂れ下がった桜の全景を見るには一番いい場所です。

千鳥ヶ淵緑道

皇居のお堀端を靖国通りから千鳥ヶ淵戦没者墓苑入口まで全長700mにわたって260本の桜の並木が伸びています。
天気のいい日は満開の桜を見るために100万人以上の人が訪れる遊歩道は人でごった返します。はっきり言って桜を眺める余裕もないくらいです、ここで綺麗な写真を撮ろうなんて無理でしょうね。

靖國神社

靖國神社にある標本木に5輪以上の花が咲いたと認められると東京の桜の開花となります。この開花宣言には毎年多くの取材陣が殺到してニュースになりますよね。
靖国神社には露店もたくさん出て大変にぎわいます、歩き疲れてお腹がすいたら靖国神社で一休みしましょう。さくらまつりの期間はイベントも行われていて混雑しています。


インド大使館
千鳥ヶ淵の向かいには在日インド大使館があります、ここでは桜の開花時期に「 Indian Eenmbassy Sakura Festival」がかいさいされ、インドの民芸品や衣料品、食べ物や飲み物も販売されインドの人たちであふれかえっています。桜だけではなくこういったお祭りも参加してみるのは楽しいですよね。

 

 

 

皇居乾通り一般公開

天皇陛下の傘寿のお祝いを記念して春と秋に乾通りが一般公開されています。普段は見ることのできない桜もこの時だけは見られるという事でたくさんの人が押し掛けます。
2016年の一般公開の日時はまだ発表されていませんが例年3月上旬頃に発表されます。さらに2016年秋は乾通りの樹木の植え替えなどがあるので秋の一般公開は行われません。
ですので春の公開は一層混むでしょうね。
2014年は10:00~15:00の公開でしたが、2015年の春ははがきによる応募による抽選方式だったそうです。
庭師の手入れが行き届いた皇居内の桜を見れる機会なんてほとんどありません、美しい植木と満開の桜をぜひ見に行きましょう。