読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京から2時間 子供たちの笑顔があふれる軽井沢おもちゃ王国へ行こう

軽井沢というと夏の避暑地でちょっと高級感のあるセレブの街ってイメージがありますが、小さな子供を連れた家族連れでも思いっきり楽しめる場所もあるんですよ。今日は東京から電車なら2時間で行けちゃう自然豊かな「軽井沢おもちゃ王国」を紹介します。
軽井沢おもちゃ王国は「おもちゃ」のテーマパークというキャッチフレーズで2、3歳の小さな子供から小学校高学年までの大きな子供まで十分楽しめる施設が沢山そろってるんですよ。

我家が訪れたのは9月のシルバーウィークでしたがかなりの混雑でした、ゴールデンウィークや夏休みも大変混雑する人気のレジャースポットですから事前にしっかり情報を収集して出かけましょう。

 

f:id:MossanJP:20160412224229j:plain

 

 

 

 

 

施設名 軽井沢 おもちゃ王国
住所 〒377-1512 群馬県吾妻郡 嬬恋村大前細原2277
営業期間 2016年4月16日(土)~2016年11月27日(日)
営業時間 平 日  10:00~17:00
土日祝  9:30~17:00
GW(4月23日~5月5日)・夏期 9:00~17:00
休業期間 2016年3月29日(火)~4月15日(金)まで

  

  

  

  

入園料 大人1,100円 小人800円
フリーパス

大人3,000円 小人2,800円

  (入園+乗り物乗り放題+わくわく大冒険の森)

 

 

 

アクセス

電車

上野発北陸新幹線で軽井沢駅まで最短63分

軽井沢駅からおもちゃ王国の送迎バスで60分

送迎バスは予約制になっています。

詳しい地図 | アクセス・周辺マップ | 見て、触れて、体験できる「おもちゃのテーマパーク」軽井沢おもちゃ王国

東京から

関越自動車道の練馬ICから上信越自動車道の碓氷軽井沢ICま(1時間30分)

碓氷軽井沢IC-軽井沢おもちゃ王国 約30Km(60分)

 

 

 駐車場

駐車場はこんな感じで1000台ぐらいはとめられるそうです。週末や連休でも午前中に来れば問題ないと思いますが午後になるとだいぶ混んできますので注意してください。駐車場は第1~第5までありますが入口からの距離はどれもあまり変わりません。

 f:id:MossanJP:20160412222023j:plain

 

 

施設紹介

園内の施設は大きく分けて室内型のプレイルーム、屋外の乗り物と体験型アトラクションに分かれます。

 

室内のプレイルームとしては男の子にはトミカ・プラレールの部屋が人気です。女の子にはシルバニアファミリーやリカちゃんハウスが人気ですね。小さいお子さんがいる家族はこのプレイルームを目的で行く方も多いです。室内型プレイルームは追加料金なしで、おいてあるオモチャを自由に使って遊ぶことができます。人気があるので絶えずごった返していますが、後から入っても出ていく子は多いので少し待っていればすぐにおもちゃで遊ぶことができますよ。対象年齢は2歳から4歳ぐらいです。
ちなみにオモチャは毎日清掃されているそうなので衛生面も問題ないですよ。

f:id:MossanJP:20160412222342j:plain

 

 

屋外の乗り物はゴーカートやメリーゴーランドなどたくさんありますがどれも人気があって並ばないと乗れません。しかし開園直後はどれも空いているので乗り物にたくさん乗りたい場合は開園と同時に乗り物だけをどんどん乗っていくのがいいでしょう。

 f:id:MossanJP:20160412222911j:plain

 

午後になるとこの通り

f:id:MossanJP:20160412222928j:plain

 

 

 

屋外の体験型アトラクションはこんな感じの物や

 f:id:MossanJP:20160412223348j:plain

 

こんな感じの物などまさに体を使った遊びができます。

f:id:MossanJP:20160412223403j:plain

 

小学生ぐらいの子達はほっておいても遊びまわっているので親は遠くから見てるだけでいいですよね。逆に小さいお子さんがいる方はしっかり見ていないとお兄ちゃんお姉ちゃんの中でどうなってしまうかわかりません。

 

渓流釣りやらくやき(焼物)の色づけなど心に残る体験もできますよ。
我が家は3歳の息子にらくやきの色付けをやらせましたが素晴らしい作品ができました!
こういうものは一生とっておきたくなりますよね。

 

f:id:MossanJP:20160412223756j:plain

f:id:MossanJP:20160412223808j:plain

 

 

お昼ご飯

園内にはお昼を食べるコーナーがいくつかあります、ラーメンやカレーなどのも販売されているのでお昼の心配はいりません。
気を付けなければいけないのは連休や夏休みなどです。人出の多い時は11時ぐらいから売店に行列ができて昼食コーナーも場所取りが厳しくなってきます。早めの昼食行動が必要です。
節約するならお弁当持参で来て木陰のスペースを見つけて食べるのもいいですね。

 f:id:MossanJP:20160412223943j:plain

 

 

 ステージショーは見逃せない

5月のゴールデンウィークや夏休みになると人気キャラクターによるステージショーが行われます。連休の混雑とショーの人気が加わって激混みは必死ですが子供の喜ぶ顔を見るために情報はしっかりチェックしておきましょう。

ステージショー | イベント情報 | 見て、触れて、体験できる「おもちゃのテーマパーク」軽井沢おもちゃ王国

 

 

お得な情報

入園券またはフリーパス券はコンビニで前売りしているので購入しておくのがおすすめです。連休は特に入場口が混み合うので入園までに時間がかかってしまいます。前売り券を持っていると並ぶことなくスムーズに入れますよ。それと前売りだと割引もありますのでお得です。
フリーパスは断然おすすめします。乗り物やアトラクションにはそれぞれ料金がかかりますがフリーパスを購入しておけば追加料金はなしで乗れます。乗り物やアトラクションをだいたい5回以上利用するとフリーパスのほうがお得になる計算です。子供が自分だけで乗り物に乗れる歳なら子供だけフリーパスにして大人は入園券だけにするのもいいかもしれませんね。
その他にもホームページより無料メルマガ会員に登録しておくと特別割日券がもらえてお得です。メルマガ会員に登録しておくといろいろな情報が配信されますので連休中のイベント情報も把握できて便利ですよ。

 

f:id:MossanJP:20160412221855j:plain

 

 

 

宿泊するなら

 今回の観光の目的がおもちゃ王国だけというなら宿泊はやっぱりホテルグリーンプラザ軽井沢でしょう。すぐ隣でおもちゃ王国との割引プランや家族での旅行を考えたプランが多く用意されています。

ホテルのお得情報 | 見て、触れて、体験できる「おもちゃのテーマパーク」軽井沢おもちゃ王国

 

遊び疲れた体を温泉で癒したいなら万座温泉や草津温泉へ行くのもいいですね。
万座温泉は標高は1800Mの高地で春の新緑、秋の紅葉jなど四季折々の楽しみ方があります。
草津温泉のシンボル「湯畑」や名物「湯もみ」など旅行の話題にもなり伝統と歴史の温泉ですね。

 

1泊して翌日も遊ぶらならやはり軽井沢がおすすめです。

軽井沢アウトレットモールや旧軽銀座など遊ぶところはたくさんあります。軽井沢は高級な宿泊場所も数多いですが家族で行くならペンションなどでリーズナブルなところを探すといいですよ。