今年もあの牡蠣の味が待ち遠しい。カキオコを食べにひなせかき祭へ行こう

広島といえばお好み焼き! 広島といえば牡蠣!

じゃあ、一緒になったら「カキオコ!!」
こんな最強の食べ物「カキオコ」をあなたはもう食べましたか?

 

f:id:MossanJP:20170209235416j:plain

 

牡蠣といえば広島ですが、今回紹介したいのは広島のお隣岡山県の日生(ひなせ)のカキです。
岡山県は牡蠣の生産量で全国3位で、その中でも「日生かき」といえばとても有名なブランドです。
身はふっくらとしていて粒の大きいのが特徴です。
この地方のカキは11月ごろから解禁になり翌年の3月ごろまでとってもおいしくいただけます。

牡蠣は苦手という方も多いですが、反対に牡蠣が大好物というかたも大変多いですよね。
私もそんな牡蠣が大好物な一人です。
牡蠣が一番おいしいこの時期に牡蠣好きにはたまらないお祭りが行われるので紹介します。

 

 

 

日生牡蠣祭り

開催日:2017年2月26日(日) 9:00~15:00

開催場所・会場 五味の市周辺広場

住所 岡山県備前市日生町日生801-8

交通アクセス
電車:JR赤穂線「日生」駅より徒歩15分

開催時間 09:00~15:00 

実行委員会ホームページ:岡山県備前市 冬のイベント -岡山県備前市-

  

このお祭りの特徴は産地ならではの新鮮な牡蠣を安価に購入でき、さらに買ったその場で炭火で焼くことができるんです。
牡蠣を焼く際は軍手やトングなども必要で、毎年来られている人は自分で持参してくるようですね。
もちろんその場で貸してくれます。ただ、調味料は好みのポン酢やレモン汁などをもっていったほうがおいしくいただけます。
専用テントは時間制の入れ替えでなるべく多くの人に楽しんでもらえるようになっています。
大人気のイベントですから行列は必至ですし、車で来る方も多いので駐車場に入るのも大行列。
日生駅からは会場近くまでシャトルフェリーが運航しているので、日生駅に車をとめて行くのが無難ですよ。
それでも出かける際は早めに行動しましょう。渋滞を避けるなら7時には現地着が必須のようです。

 

f:id:MossanJP:20170209235539j:plain

会場はまさに牡蠣尽くし

牡蠣をおいしくいただけるのは焼き牡蠣だけではありません。
「カキオコ」に御飯が見えないくらい敷き詰められた「牡蠣飯」、寒いときにはありがたい「牡蠣汁」、牡蠣と言ったらもちろん「カキフライ!」
「牡蠣の串焼き」や「牡蠣焼きそば」などもありますよ。
変わったところではソフトクリームにカキフライを乗せたカキフライソフトも有名です。
こんなにおいしいものがいっぱいあれば1年分のカキを1日で食べてしまいそうです。
それからそれから、牡蠣を大量に買って帰って牡蠣鍋にすれば家族とも楽しめますね。