夏の訪れを告げるゆかたまつり!浴衣を着て赤崎祭りへ行こう。

狭い路地の両側に延々と続く露店、その露店の間を赤崎さんへと参拝した地元の人々がお祭りを楽しみながら歩いていく。

 

通称「ゆかたまつり」ともいわれるだけあって若い女性の浴衣姿が目立ちます。

 

f:id:MossanJP:20170615235637j:plain

たこ焼きに、お好み焼き、クレープや綿あめ、祭りには欠かせない露店が赤崎神社から近鉄中之郷駅へと続く歩行者天国に並びます。

 

食べ物だけじゃありません、金魚すくいにヨーヨー釣り、アクセサリーの詰め放題など子供の喜ぶものばかり。

 

 

f:id:MossanJP:20170615235655j:plain

 


地元で「赤崎さん」と呼ばれているのは三重県鳥羽市の赤崎神社。伊勢神宮を構成する125社のうちの一つです。

 

赤崎まつりは鳥羽の代表的な夏祭りで毎年6月22日に開催され、伊勢神宮(外宮)の末社である赤崎神社の月次祭神事が行われます。

 

昔この地方に疫病が発生した際に宮域内の杉の小枝を門戸に吊るした家々が難を除れたという言い伝えから今でも例祭日に杉の枝が神社入り口で販売されます。

 

杉の小枝を求めた地元の人は家の軒先に1年間吊るし、翌年の赤崎まつりに新しい小枝と差し替えるのです。

 

 

 

 

 

赤崎まつり

 

開催日:2017年6月22日(木) 夕刻から

 

開催場所:赤崎神社

 

住所:三重県鳥羽市鳥羽5丁目

 

連絡先:0599-25-1157 (鳥羽市観光課)

 

ホームページ :鳥羽市観光情報サイト - イベント

 

 

 

アクセス

 

車:伊勢自動車道伊勢ICから二見鳥羽ライン経由で約25分

 

電車:近鉄赤崎駅から徒歩約5分

 

f:id:MossanJP:20170615235718j:plain

 

 

神社への参拝はいつでもできますが、露店がにぎわいだすのは夕方からです。家内安全や厄除け祈願に地元の方々がたくさん訪れ混雑します。

 

夏祭りの始まりですから是非浴衣を着て出かけてみましょう。