鳥越神社大祭 別名「鳥越の夜祭」は是非見てほしい祭りです。

f:id:MossanJP:20150603233401j:plain

 

以前見に行ったときに東京にこんな素敵な祭りがあるのかと思ったのが鳥越神社大祭です。
江戸っ子の威勢の良さだけではなく夕やみの中で提灯に灯がともると幻想的な光景が浮かび上がります。

 


鳥越神社大祭は、聞く人によっては江戸の三大祭りにも入ってくるほど有名で大きな祭りです。
この祭りの見どころは、都内随一と言われる神輿の大きさと重さです。本社神輿は通称「千貫神輿」と呼ばれています。
神輿が重いうえに狭い町内で神輿を回すために担ぎ棒が短くしてあるので担ぎ手一人にかかる重さが半端じゃありません。
6月10日は町内神輿渡御が行われ、11日には本社神輿渡御が行われます。
本社神輿の大きさは本物を見ると素人でもビックリです。
そして、鳥越神社大祭のもう一つの呼び名が「鳥越の夜祭」です。
10日の早朝に宮出しした本社神輿が1日町内を練り歩き午後8時ごろ宮入しますが、この宮入道中が最も荘厳な風景となります。
夕刻に日が沈むと神輿の弓張提灯に灯が入り、また神輿の周りを囲む高張り提灯にも火が入ります。
祭りにつきものの屋台も神社を囲むように300店も出ています。

そろそろ梅雨いりが迫っています。もしかすると祭り当日は雨の可能性もあるので体を冷やさない用意が必要ですよ。
東京の初夏の祭りとしては終盤ですが夏の風物詩として1度は行ってみたいものですね。

 

 

鳥越神社
東京都台東区鳥越2-4-1


2019年の鳥越神社大祭スケジュール
6月10日(土)
 各町御神輿渡御
 南部六ヶ町他連合参拝宮入 

6月11日(日)
 御本社神輿 宮出(6:30)
 御本社神輿 宮入(21:00)
 ※千貫御輿渡御・鳥越夜まつりは、19時頃から。


鳥越神社へは、
都営地下鉄浅草線 蔵前駅 徒歩6分
都営地下鉄大江戸線 新御徒町駅 徒歩8分
JR総武線 浅草橋駅 徒歩8分